現在の援助交際事情

LINE好き女子学生がイケナイ出会いを求めて登録する人気出会いコミュニティはコチラ↓

人気第1位 『FirstMail』

FirstMail

人気度 ★★★★★★★
即会い ★★★★★★
利用者 10代女性に人気
主な用途 エッチ相手探し
秘密の関係
料金 無料

人気第2位 『出会いひろば』

出会いひろば

人気度 ★★★★★★
即会い ★★★★★★★
利用者 女子学生に人気
主な用途 SEX相手マッチング
気軽な出会い
料金 無料

人気第3位 『SWEET LINE』

SWEET LINE

人気度 ★★★★★
即会い ★★★★★★
利用者 若い女性の利用多し
主な用途 セックスフレンド探し
即会い・即セックス・パパ募集
料金 無料

ずっと以前から、援助交際が問題となっています。
援助交際などと穏やかな言い方をしていますが実情は売春なので、法的に許されないのはもちろん18歳未満の女性が多く行なっているのが特に問題視されています。
売春行為自体はずっと昔から存在しており、人類最古の職業というほど長きに亘って行なわれてきました。
時代によってその形態は形を変えてきましたが、インターネットが普及し出した最近は、時にその様相を大きく変化させています。
一昔前の援助交際の相手を見つける方法として一般的だったのは、テレクラに掛かってくる女性とコンタクトを取るというものでした。
したがって男性はテレクラに出向かなければならず、女性もテレクラに電話を掛け約束を取り付けるという面倒が必要だったのです。
今はインターネットを利用すれば、簡単に誰でも相手を見つけることができます。
特に出会い系サイトは男女の出会いを提供する場としてたくさんの人々が利用していますが、それを援助交際の相手を探す場として活用している人も少なくないのです。
援助交際が問題となるたびに国やそれに関わる企業などが対策を講じますが、まさにイタチゴッコとなってその対策や規制をすり抜けて行なわれているのが現状です。

後悔先に立たず

最近はコミュニケーションアプリを利用して援助交際をする人も少なくないようです。
身近にあるツールで簡単に相手を探すことができるせいか、援助交際は売春である、違法行為であるという意識が薄れてしまっているような感があります。
しかし、それらをしっかり認識しておく必要があるのはいうまでもありません。
そしてまた、援助交際には多大なリスクが潜んでいることも理解しておかなければならないのです。
援助交際で出会うのはどこの誰ともわからない男性です。
したがって、暴力を振るわれたり、金品を脅し取られる危険性が充分にあるのです。
こういった犯罪の被害者になる可能性もあれば、逆にトラブルに巻き込まれることで犯罪の加害者ともなりえるのです。
また、避妊に失敗したり性病をうつされたりというトラブルもあるかもしれません。
こういったことに加えて、最も大きなのは精神的な問題です。
「お小遣いが欲しかったから」「友達もやっていたから」「興味本位で」そんな理由で行なったのなら、大人になってきっと後悔するに違いありません。
援助交際をしたという事実は心の中に残り続け決して忘れられるものではなく、いつまでもあなたの心を苦しめることでしょう。

主婦でもやってます

ちょっと衝撃的な話を耳にしました。
ある主婦が援助交際をしているというのです。
多くの人には援助交際は女子高生が行なうものというイメージがあるようですが、ある程度年齢のいった人がやっていることもさほど珍しいことではありません。
したがって、この場合の衝撃的なこととは主婦が援助交際をしているという点ではなく、実は彼女は結婚前からずっと援助交際を続けているという点なのです。
高校生の頃からアルバイト感覚で始めたらしいのですが、今もやめられずに続けているというのです。
別段生活に困っているというわけではなく、手に入れたお金は夫に内緒でブランド品を買ったりおいしいものを食べたりすることに使っているそうです。
以前は出会い系サイトを利用して相手を探していたけれども、最近はコミュニケーションアプリがメインだそうです。
コミュニケーションアプリはサイトへの登録が不要だし、相手に電話番号やメルアドを教える必要もないので安心だと彼女は言います。
でも夫はもちろん誰かにいつかバレるかもしれないので、そろそろ足を洗わなきゃとは考えているそうです。

出会い系サイトはさまざまな目的で使われている

新しい男女の出会いを求める多くの人が出会い系サイトを利用しています。
利用する人の出会いの目的はさまざまで、メル友が欲しい人や恋人を探す人、また最近では婚活の一環として結婚相手を求めている人も少なくありません。
また、中にはセックスの相手やセフレを探す人も多く、援助交際の相手を求める男女が利用することもしばしばです。
援助交際はいわゆる売春ですから、違法行為です。
けれども援助交際の更なる問題点は、売春自体よりも未成年者が行っているということなのです。
今でも、援助交際といえば女子高生というイメージを抱く人が多くを占めるという現状が全てを物語っているでしょう。
こういった状況が社会問題ともなりいろいろな対策や規制が取られたり法律による取締りなどが行なわれたことから、未成年者が出会い系サイトを利用することはできなくなっているのが現状です。
しかしながら、このような対策や規制の抜け穴をくぐって、相変わらず援助交際は行なわれているのです。
この世に男性と女性が存在する限り、性に関する違法行為の取り締まりや規制はそれを行なう人たちとの間でイタチゴッコが続くに違いないのでしょう。

女性だけが悪いの?

援助交際をする女性は、なぜ見知らぬ男性と関係を持とうとするのでしょうか。
以前に比べると女性を、いや人々を取り巻く日々のさまざまな環境の変化が、決して少なくはない女性を援助交際に走らせる理由でもあるのです。
たとえば、出会い系サイトの流行です。
パソコンや携帯電話は日常のものとしてほとんどの人たちが利用しています。
これらの機器を利用してアクセスする出会い系サイトは、新しい出会いを求めるためのツールとしては非常に優れたものです。
実際、出会い系サイトを利用してメル友や恋人を探す人たちは数多くいます。
最近では出会い系サイトで出会った男女が結婚に至ったという話も珍しくないようです。
しかし、そんな出会いの場を援助交際の相手を見つけるために利用する人もたくさんいるのです。
そしてなぜ援助交際をするかというと、その理由のほとんどは、お金です。
けれども生活に困窮して仕方なくというケースではなく、ブランド物が欲しい、おいしいものが食べたい、海外旅行がしたいなどといった物欲を満たすためという理由が大半を占めているのです。
こんな理由に多くの人が首を傾げるに違いありませんが、そんな彼女たちにお金を払う男性がいるから女性たちは援助交際をするわけです。
そう考えると、援助交際をする女性だけが悪いとはいえない状況があるような気もしますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ